出張や単身赴任の人にはウィークリーマンションやマンスリーマンションがありますが、最近では色々な形で自分の住む家を探す人も増えています。例えば、最近耳にする機会の多くなった言葉でいうと、ルームシェアやシェアハウスなどがあげられます。

ルームシェアとシェアハウスは、言葉は似ていても意味が少し違います。自宅の一室をシェアすることをルームシェアというならば、法人団体などが営利目的で部屋の一室をシェアすることをシェアハウスと言います。

ルームシェアの魅力の一つは、やはりその家賃の低さだと思います。同じ地域でも、自分でアパートやマンションを借りるよりはるかに安い家賃でその地域に住むことができます。また、最初から家具などが揃えられている場合もあり、その家のルールさえ守れば快適に生活をおくることができるかと思います。個人間でのやりとりが多くなるので色々トラブルもついてくるのがルームシェアの難しいところですが、ルールさえきちんと守れば、安くて快適なお家を見つけるのもそんなに難しくはないかもしれないですね。

シェアハウスは、もともと企業があまった社員寮などの建物を有効活用するために内装のリフォームなどをして一般に貸し出すようにしたのが始まりということもあり、個人同士のやりとりでみられるようなトラブルは若干少ないように感じます。リフォームなどをして内装もきれいにしてあり、管理もされているところが多いので、住みやすいのも魅力の一つだと思います。また、外国人が短期滞在で利用する機会も多いので、新しい人間関係を築くことができるのも、シェアハウスならではですよね。

福岡賃貸情報を探していても、ルームシェアやシェアハウスの募集をよくみかけるようになりました。一人暮らしを考えていて、天神や博多駅周辺で物件を探している人は、短期滞在ならこういった住まいの選択もありかもしれません。

ルームシェアをすると家賃が安くすむので、自宅の一室をルームシェアしようかと考えている人もいるかと思います。天神や博多駅近辺ならすぐにシェア相手もみつかるかもしれません。もし今物件を探していて、ゆくゆくは自宅のシェアを考えているなら、契約前に確認をしておいた方がいいかもしれないですね。いい物件が見つかっても焦らないで、福岡市中央区で賃貸契約を結ぼうと考えているならば、管理会社にシェアを考えている旨をあらかじめ伝えておくと、いらぬトラブルも避けられるかもしれません。